オットー・フォン・ビスマルク

伝記

美食家だったビスマルクは、朝食には卵16個を、
昼食にはキャビアと燻製うなぎを、
夕食には生牡蠣を175個も食べた。
その結果64才の時、ビスマルクの体重は124キロを超えた。

学生ビスマルクは、ゲッティンゲン大学にいた1年半の間に、25回もの決闘をやり、
酒瓶を窓から投げ捨てていた。
ビスマルクの決闘遍歴は、その後も続いた。
ドイツ連邦議会のプロイセン代表となったビスマルクは、仲の悪いフィンケ代議士とピストルで決闘したが、
幸い両者とも、相手に弾を当てることはなかった。

ドイツ帝国憲法には、重大な欠陥があった。
条文中の「皇帝は」という部分は全て「皇帝及びビスマルクは」と解釈することで、初めて機能することができた。
ところが新皇帝ヴィルヘルム2世は、ビスマルクを解任してしまう。
これによりヴィルヘルム2世の行動を妨げる者は、誰もいなくなった。
その後ドイツ帝国は、イギリスを敵に回しての”破滅の道”を突き進んでいくこととなる。

普仏戦争で、プロイセンに負けたフランスは、
アルザス・ロレーヌ両州を、ドイツ(プロイセン)に奪われ、巨額な賠償金(50億フラン)を課せられた。
この苛酷な条約は、フランス国民にドイツへの強い復讐心を抱かせた。
フランスの復讐を未然に防ぐため、ビスマルクはフランスを孤立化させることに意を用いた。
フランスと手を結ぶ可能性のある国々を、ドイツの側に引き入れようとし、
特にロシアがフランスと同盟を結べば、ドイツは東西から、はさみ撃ちにされるので、
ロシアとの提携強化に努めた。

オーストリア人はドイツ民族で、言語もドイツ語だが、
プロイセンとの戦争(普墺戦争)で負けたため、オーストリアはドイツ帝国から追い出されてしまう。
しかし、もし普墺戦争でオーストリアが勝っていたならば、
ドイツの首都はベルリンではなく、ウィーンになっていたかもしれないし、
またドイツとは別に、プロイセンという国が、現在あったかもしれない。

ビスマルクは決してギャンブラーではなく、”武力行使の危険性”について、常に徹底した自覚をもっていた。
だから軍事面、経済面など、全ての面で有利を得られるまで、戦争に訴えることはしなかった。

沼にハマって溺れている友人から、助けを求められたビスマルクは、
その友人に銃を向け、こう言い放った。
「その沼は底なし沼なので、助けようとすれば、二人とも溺れ死んでしまう。
せめてもの友情で、苦しまないよう、一発で殺してやる。」
驚いた友人は、懸命に泳ぎ、自力で沼から這い上がってきたという。

JTウェブサイト
(ttp://www.jti.co.jp/sstyle/trivia/know/story/world1/10.html)
大の愛煙家だったビスマルクが、”あえて吸わなかった1本のタバコ”にまつわる感動エピソード。
一見コワモテのビスマルクが見せた優しさとは・・・・・・

ビスマルク(Yahoo!百科事典)
(ttp://100.yahoo.co.jp/detail/ビスマルク)
ドイツ帝国は”強力な王権”と”弱体の帝国議会”が共存しており、
全制度の中心にいたビスマルクは、全権力を手にした独裁者であった。

ビスマルク(地球旅行研究所)
(ttp://www.tabiken.com/history/doc/P/P122C100.HTM)
普仏戦争でフランスを破り、ドイツ統一を成し遂げたビスマルクは、
フランスの復讐に備え、同盟・親善網を完備した。
同盟網の中心となるのは「独墺同盟」「三帝同盟」「三国同盟」「再保障条約」であり、
ロシアを引きつけ、フランスを孤立させる狙いがあった。
ビスマルク外交の本質は、全ての国と決定的な対立をもたず、
また、全ての国と運命をともにするほどの親善さもないもので、
小緊張を利用して大きな対立を避け、ドイツ帝国を育成することにあった。

The Purple Chamber
(ttp://homepage3.nifty.com/ryuota/20c/ww1.html)
ウィーン会議(1815年)以来、ヨーロッパを主導したのは、
イギリス、フランス、ロシア、オーストリア、プロイセンの5大国だったが、
その中でもプロイセンは、最も弱小であった。
しかしそのプロイセンが、2つの戦争(普墺戦争と普仏戦争)で、オーストリアとフランスに勝利し、
ドイツ帝国を建設したことは、全ヨーロッパに衝撃を与えた。
しかも統一ドイツは、人口と地上兵力では、ロシアに次ぐ第2位となり、
工業生産でも、やがてフランスを抜き、首位のイギリスに迫ると見られていた。

茂木の世界史
(ttp://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/lecture/bismark_age.htm)
数百年間、分裂していたドイツを統一したビスマルクだが、
そうたやすくドイツが、真の意味で一つになるはずもなかった。
”南ドイツのカトリック教徒”は、プロイセン(プロテスタント)の支配を嫌っていた。
そこでビスマルクは、カトリック教会に対する「文化闘争」を宣言、
公立学校の教師から聖職者を追放、聖職者の政府批判を禁じ、反政府運動をした4000人の聖職者を投獄した。

ビスマルクの名言

「私の立場にあっては、我意を通すことは、場合によっては、まさに犯罪行為である。
責任のない立場にあれば、そんなぜいたくも許されようが」他。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」他。

21世紀に残したい世界の名言・格言集
(ttp://www.tt.em-net.ne.jp/~katsumi007/jinnmei/jinmei2702.html)
「青年にすすめたいことは、ただ三語につきる。
すなわち『働け』『もっと働け』『あくまで働け』」

「”的確な弾丸”よりも”鋭い弁舌”の方が強い」他。

哲学之道
(ttp://www.nurs.or.jp/~academy/meigen/ijin107.htm)
「歴史が証明する所によると、逃した機会は、二度と戻らない」他。
Copyright 伝記.com. All rights reserved.